煩悩的My life

どこかのV6担の独り言。

私がジャニヲタになった理由①〜導入編〜

ゆるくやる宣言からいきなり1日2つ更新という怒涛っぷりでごめんなさい。

 

というわけでまずは私がこうなったきっかけについて自分の中の整理も兼ねて遡っていきたいと思います。

(誰も興味ねーよとか言わないでください。知ってます。)

 

時は2009年、花より男子からじわりじわりと来ていたブームが10周年の大露出という形で爆発した(と勝手に思ってる)この頃、テレビ大好きっ子の当時小学生の私はまんまと画面の向こう側のアイドルに恋をしました。たぶんこれが初恋。

 

そう、今や誰もが認める国民的アイドルの嵐様です。

 

VS嵐がはじまって、そのときは嵐の宿題くんとかひみつの嵐ちゃんとかやっていたのかな(曖昧)

日テレでは嵐ウィークなんていうのもあったりして、当時大人気だったはねるのトびらという番組ではやや嵐なんていうパロディもありました。

当時平均年齢28くらい(ざっくり)の彼らはとてもとても輝いていて、たぶん誰もが惚れたと思います。私も幼いながらそんな中の1人でした。

 

ちょうど学校から帰った16時半くらいって今みたいにまだ夕方のニュースはやっていなくてどの局もドラマの再放送をやっていて、それが放課後の楽しみでした。

そこでごくせん、バンビ〜ノ、花より男子などを知った私は中でもお顔が綺麗な松本潤さんに落ちました。

 

今ほどネットも発達していない当時、ジャニヲタなんて世界を知らずに純粋に恋をした私は駄菓子屋で40円くらいの(たぶん違法)写真を買って見つめては照れたり、家族でカラオケに行って歌ってみたり、お小遣いもなかったため誕生日やクリスマスに懇願してアルバムを買ってもらってそれを延々と聴いたり。それはそれは毎日がときめいていました。

 

が、そんな日々もフェードアウトしていきました。ちなみにこの頃2ちゃんねるというものを知ってしまって人格が歪んでいきます。ついでに同じような経緯でAKB48に4年くらいどっぷりハマります。ちなみに今でもNMB吉田朱里さんを追いかけています。(小声)

 

そんな私は本気でアナウンサーを目指していたほどテレビが大好きで、音楽も好きで、ミュージックステーションとか受験生だろうが狂ったように毎週見ていたので自ずとジャニーズ事務所の情報は入ってくるし知っていました。というかヲタクではないだけでみんな好きでした。FNS歌謡祭2014のジャニーズメドレーは当時ジャニヲタではないのに家宝レベルに大切に取ってあります。(自分に感謝)

 

中学校にはいって仲良い子にぼちぼちガチのヲタクがいたりでゆったり楽しく、録画はしないけどやってたら見るくらいのスタンスで茶の間事務所担的な立ち位置で楽しく生きていました。程度で言うならカウコンに出てくる曲は全部わかるくらい。(それでもV6の顔と名前は24時間テレビまで一致していなかった)

 

そんな私に何かが起こったのです………。(つづく)